uBlock Origin – フリーかつオープンソースの広告ブロッカー。

CPUとメモリーの負担を抑える。

uBlock-Origin-Preview

uBlock Originはただの「広告ブロッカー」ではなく、主要機能としてCPUやメモリー効率を備えた広域コンテンツブロッカーです.

github

オープンソース広告ブロッカー

uBlock Originは、コンテンツフィルタリングのためのブラウザ拡張機能の1つであり、フリーかつオープンなクロスプラットフォームのソフトウェアです。効率的かつ使いやすい方法でプライバシーの保護を主な目的としています。

sliders

CPUとメモリー効率

世界的にuBlock Originは消費者の年間$18億(調べ)以上の節約を可能にしています。オープンソース広告ブロッカーは省エネを可能にする効率的なテクノロジーです。

firefox-black

様々なブラウザサポート

uBlock Originの拡張機能はChrome、 Chromium、MS Edge、Opera、Firefoxや13以前のSafari全てを含む、最も広く利用されているブラウザでご利用いただけます。

About uBlock Originについて

2014年、uBlock Originの設立者、オリジナル作者かつ主任開発者であるRaymond Hillにより、オリジナルのuBlock拡張機能は作成されました。その開発は、以前上級ユーザー向けに設計されていた別個のブロッキング拡張機能であるuMatrixを使用して、HTTPスイッチボードのコードベースを分岐することから始まりました。初期段階のuBlockは、コミュニティが維持するブロックリストを利用する前提でRaymond Hillにより開発されていますが、同時に特色が加えられ、コードの質はリリースできる水準まで上げられました。 最初、2014年6月にChromeとOpera向けに独占的にリリースされ、2015年後半に、最初のuBlock拡張機能が、uBlock Origin(時には世界的にuBlock₀と表記されることもあります)という現在の名前で他のブラウザ用に拡張されました。

この2015年の導入により、comsourceとSourcepointの共同業界調査では、2016年8月までの10か月間で833%の成長率が報告されました。これは、その時点で公開されている業界ソフトウェアの中で最も急速な成長です。この調査結果は、この莫大な急増が、AdBlockが使用する「許容可能な広告」プログラムやその他の業界の拡張機能の外部で動作する能力を持つ「純粋な」ブロッカーに対する集団的なユーザーの需要に起因すると考えられています。

広告ブロック業界全体が急速に勢いを増し、uBlock OriginFirefox版は500万人ものアクティブユーザーを集め、Chrome拡張機能により、1,000万人を超えるアクティブユーザーが集計されました。当時の開発者Nik Rollsは、Microsoft Edgeブラウザ用のuBlock Originを2016年12月に公式にリリースしました。

2017年1月、uBlock OriginDebian 9Ubuntu(16.04)用のレポジトリが追加され、uBlock Origin拡張機能はMozillaの権威あるIoT栄誉賞「今月のピック」を受賞しました。

2020年現在でもuBlock Originは、設立者兼主任開発者であるRaymond Hillにより維持、活発的に開発され続けています。

uBlock Origin拡張機能は業界をリードするオープンソースのクロスプラットフォームブラウザ拡張機能であり、複数のプラットフォームで使用するために特別に開発されたソフトウェアを備えています。そして2020年現在では、uBlock Originの拡張機能は、Chrome、Chromium、Edge、Opera、Firefox及び13以前のSafari全てを含む最も広く利用されているブラウザでご利用いただけます。

uBlock Originプロジェクトは現時点ではまだ具体的に寄付を受け付けておりませんが、その代わりに、顧客、ユーザー、サポーターの皆様には、ブロックリストの管理者へ寄付を行うようご提案しております。